グローバルメニュー サブメニュー
  • 文字サイズ変更・色合い変更
  • Foreign Language

ホーム > 福祉・健康 > 健康・医療 > 予防接種 > 高齢者肺炎球菌予防接種

ここから本文です。

更新日:2019年6月28日

高齢者肺炎球菌予防接種

予防接種法に基づき、高齢者肺炎球菌予防接種事業を行っております。
この制度では、今まで高齢者肺炎球菌ワクチンを接種したことがないかたを対象に、2019年度から2023年度までの5年間に1人1回、定期接種の機会を設けています。

高齢者肺炎球菌予防接種の対象となるかたには、「青森市高齢者肺炎球菌予防接種予診票」を送付します。

対象のかたが定期接種を受けられるのは、対象の年度の1年間のみに限られますので、接種を希望されるかたは、この機会を逃さないようにご注意ください。

対象となるかた

青森市に住民票があり、これまでに高齢者肺炎球菌ワクチン(23価肺炎球菌莢膜ポリサッカライドワクチン)を一度も接種したことがない、以下のいずれかに該当する予防接種を希望するかた

  • (1)各当該年度に65歳、70歳、75歳、80歳、85歳、90歳、95歳、100歳、(2019年度に限り)101歳以上になるかた
  • (詳しくは青森市高齢者肺炎球菌予防接種年度別対象年齢(生年月日)一覧(PDF:28KB)をご覧ください。
  • (2)60歳以上65歳未満のかたで、心臓・じん臓・呼吸器の機能またはヒト免疫不全ウイルスによる免疫の機能に障がいのあるかた
    (身体障がい者手帳をお持ちで、内部障がい1級に該当するかた)

接種費用

自己負担金:
 9月30日まで 2,000円
 10月1日から 2,040円 ※消費税率の引き上げに伴い、変更となります。

 (生活保護受給者・市民税非課税世帯のかたは無料)

※市民税非課税世帯のかたは、接種前に申請すると、無料の予診票を交付します。

実施場所

「青森市高齢者肺炎球菌予防接種医療機関」(PDF:220KB)

接種方法

・指定医療機関に、「青森市高齢者肺炎球菌予防接種予診票」を持参し、接種します。

・市民税非課税世帯本人だけでなく、世帯全員が非課税)のかたは、接種前に申請すると、無料の予診票を交付します。指定医療機関に、交付された無料の予診票を持参し、接種します。接種後に払い戻しはできませんので、必ず接種前に申請してください。

・生活保護受給者のかたは、事前の申請は不要です。指定医療機関に、「青森市高齢者肺炎球菌予防接種予診票」を持参し、生活保護受給中であることを申し出て、接種します。

申請方法

「市民税非課税世帯のかた・予診票を紛失したかたの申請方法」(PDF:164KB)をご覧ください。

「申請書」の配置場所

  • 市役所駅前庁舎:介護保険課・高齢者支援課・障がい者支援課
  • 各市民センター
  • 各支所
  • 各指定医療機関

郵送での申請に必要な書類

 ※返信用の封筒には切手を忘れずに貼付してください。切手の無い場合、予診票が送付できなくなります。
 ※10月1日より郵便料が変更になる可能性があります。郵便料をご確認のうえ、必要額の切手を貼付してください。
 

申請、申請書郵送窓口

  • 健康づくり推進課(元気プラザ)
    〒030-0962 青森市佃2丁目19-13 電話:017-743-6111
  • 浪岡事務所 健康福祉課(浪岡庁舎)
    〒038-1392 青森市浪岡大字浪岡字稲村101-1 電話:0172-62-1114

※郵送で申請する際には、「高齢者肺炎球菌予防接種事業担当宛」と、ご記入ください。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

問合せ

所属課室:青森市保健部青森市保健所 健康づくり推進課

青森市佃二丁目19-13

電話番号:017-743-6111

ファックス番号:017-743-6276

より良いウェブサイトにするために皆さんのご意見をお聞かせください。

このページの内容は分かりやすかったですか?

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?