グローバルメニュー サブメニュー
  • 文字サイズ変更・色合い変更
  • Foreign Language
  • 音声読み上げ

ホーム > 安全・緊急 > 救急医療(休日・夜間の医療) > 地域外来(青森市急病センター)

ここから本文です。

更新日:2022年9月27日

地域外来(青森市急病センター)

「青森市急病センター」は、「地域外来」として診療しています。

急病センター写真  
   

「青森市急病センター」は、発熱や咳、倦怠感等の症状など、新型コロナウイルス感染の疑いのあるかたを診療する「地域外来」としています。

診察の結果、医師が新型コロナウイルス感染症の検査(PCR検査)が必要と判断した場合は、翌日、「検査センター」で検査を受けていただきます。また、併せてインフルエンザ検査が必要と判断された場合も、翌日「検査センター」で検査を受けていただきます。

なお、診察からPCR検査の結果判明までは4日以上かかることを、あらかじめご了承ください。

(状況によっては、受診制限をする場合があります。)


風邪症状以外の急な病気は、在宅当番医や救急診療所等をご利用ください。

地域外来の電話番号☎017-773-6477(19時00分~22時00分)

開設期間

令和2年6月22日(月曜日)から、当面の間。

受付時間

毎日19時00分~22時00分

受診方法について

(1)発熱や咳、倦怠感等の症状などで、診療するかかりつけ医がいないかたが受診(予約不要)
(2)受診時にPCR検査・インフルエンザ検査の指示を受けたかたは、原則、翌日「検査センター」で検査
※検査はドライブスルーまたはウォークスルー方式で行います。予約された日時に検査センターで検査を受けていただくことになります。
(3)判定し、結果は電話連絡
結果が出るまでは、感染していることを前提に、自宅でお過ごしください。
※検査の結果、新型コロナウイルス感染症の陽性となったかたは、保健所の指示に従ってください。

地域外来を受診するかたへ

受診の際は必ずマスクを着用し、保険証、お薬手帳、筆記用具(黒ペン)をお持ちください。
・地域外来での診察等は通常の保険診療となり、自己負担があります
・小さなお子さんの急な発熱などの場合は、まずは、かかりつけ小児科へ相談してください。
・妊娠中のかたや難病等の基礎疾患のあるかたは、症状を感じたら、早めに、かかりつけ医へ相談してください。

夜間・休日で、発熱や咳などの風邪症状以外の急な病気で受診したいとき

在宅当番医や救急診療所等を受診してください。(救急病院紹介:消防本部☎017-722-2211)

その日の休日夜間当番医を知るには

あおもり医療情報ネットワークから「休日夜間当番医を探す」をクリックし、「青森市」で「検索」ボタンを押す

あおもり医療情報ネットワーク(外部サイトへリンク)

駐車場利用案内

急病センターをご利用の際は本庁舎南側にある駐車場へ入場してください。
駐車場からは、点線のとおりお越しください。
新駐車場
青森市急病センター(青森市役所本庁舎急病センター棟1階)
☎017-773-6477(19時00分~22時00分)

診療報酬について

青森市急病センターでは、平成25年4月1日から、厚生労働大臣の定める施設基準に基づき、地域連携小児夜間・休日診療科1の届出を行っていますので、小児科医が6歳未満の小児を診察した場合に、当該診療報酬を算定します。

診療報酬名

点数

自己負担割合

自己負担額

地域連携小児夜間・休日診療科1

450点

2割

900円

 

【更新情報】
・令和4年9月27日、「臨時発熱外来について」開設期間終了のため削除しました。

 

問合せ

所属課室:青森市保健部青森市保健所 保健予防課

青森市中央一丁目22-5 本庁舎2階

電話番号:017-734-5770

ファックス番号:017-734-5840

より良いウェブサイトにするために皆さんのご意見をお聞かせください。

このページの内容は分かりやすかったですか?

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?