グローバルメニュー サブメニュー
  • 文字サイズ変更・色合い変更
  • Foreign Language
  • 音声読み上げ

ホーム > 市政情報 > 青森市のまちづくり > 地方創生応援税制(企業版ふるさと納税)

ここから本文です。

更新日:2022年6月30日

地方創生応援税制(企業版ふるさと納税)

はじめに
 平成28年4月に創設された「地方創生応援税制(企業版ふるさと納税)※」について、制度の拡充・延長が盛り込まれた令和2年度税制改正の大綱が令和元年12月20日に閣議決定されました。
 これにより、課税の特例措置が従前の6割から9割に拡充されたほか、令和2年度から令和6年度まで適用されることとなりました。
 企業の皆様には、寄附を通じて、本市の行う地方創生に関する取組を応援していただけると幸いです。

※地方創生応援税制(企業版ふるさと納税)とは
 地方公共団体が取り組む地方創生事業(まち・ひと・しごと創生寄附活用事業)に対して企業の皆様が寄附を行った場合に課税の特例措置を講ずる制度のこと。

地方創生応援税制(企業版ふるさと納税)の概要

○制度の趣旨
 地方創生の取組の実効性を高めていくためには、従来の施策に加えて、民間資金の新たな流れが必要となります。企業の皆様が地方創生に理解を深め、寄附を通じて積極的に貢献していただくことを期待して、本制度が創設されました。

○税制措置の内容
 地方創生を応援するため、国が認定した地方創生事業(まち・ひと・しごと創生寄附活用事業)に対する寄附を行った場合、寄附額の約6割に相当する額の税額控除の特例措置がなされます。
 地方公共団体に対する法人の寄附に係る損金算入措置による軽減効果(約3割)と合わせて、寄附額の約9割に相当する額が軽減されます。

 税目ごとの特例措置の内容
 ・法人住民税 ⇒ 寄附額の4割を税額控除(法人住民税法人税割額の20%が上限)

 ・法人税 ⇒ 法人住民税の控除額が寄附額の4割に達しない場合、寄附額の4割に相当する額から法人住民税の控除額を差し引いた額を控除(寄附額の1割、法人税額の5%が上限)

 ・法人事業税 ⇒ 寄附額の2割を税額控除(法人事業税額の20%が上限)

 <税制措置のイメージ>
税額控除
 

 関連情報リンク
 ・内閣府地方創生推進事務局「企業版ふるさと納税ポータルサイト」(外部サイトへリンク)

寄附対象事業

水田スマート農業推進事業(水田農業高度化推進事業)(寄附募集額411万円(見込み))
ドローン
 本市の基幹産業であるコメの生産農家の経営安定及び持続的な発展を図るため、ドローン等のスマート農業を活用した更なる水稲の生産コスト低減や水稲栽培の省力化に取り組む農業者団体を支援します。

八甲田牛ブランド化推進事業(寄附募集額573万円(見込み))
八甲田牛
 八甲田牛の繁殖・肥育農家が協働した生産・供給体制を整備するとともに、関係機関・団体と連携しながら、ブランド力強化のための付加価値化や認知度向上へ向けた各種取組により、八甲田牛ブランドの確立・価値の向上を図ります。

道の駅ユーサ浅虫リニューアル事業(寄附募集額3,168万円(見込み))

 道の駅としての休憩機能や情報発信機能のほか、本市の観光及び地域振興を図り更浅虫なる利用促進や設備の老朽化に対応するため、令和4年7月のリニューアルへ向けた、物販コーナーの改修やキッズコーナーの設置等を行い、浅虫地域の拠点として、市民や観光客の方々にとってより魅力ある道の駅となるよう取り組みます。

あおもり移住者・リモートワーカー応援事業(寄附募集額2,551万円(見込み))
ワーケーション
 リモートワーク人材をはじめとする移住希望者やIT企業等に青森市・東青地域を選んでいただけるよう、東青5市町村が連携して情報発信、移住相談、「ワーク」×「ローカルコミュニケーション」の新たな移住体験・ワーケーション体験、支援金の交付等を行います。

浪岡地区バドミントン移住学生支援事業(寄附募集額9,441万円(見込み))

 浪岡地区におけるバドミントン競技によるまちづくりを推進させるため、県外からbadminton意欲ある中高生を呼び込み、もって将来的な定住促進及び浪岡地区の活性化に繋げていく市独自の取組として、浪岡中学校又は浪岡高校へ県外から入学してくる生徒(保護者)の負担軽減のための引越等の初期費用の助成や学生寮の整備を行います。

ヘルステックを核とした健康まちづくりプロジェクト(寄附募集額1,376万円(見込み))

 新浪岡病院に設置する「あおもりヘルステックセンター」を拠点とし、「ヘルステヘルステックック機器を搭載した車両(ヘルステック・モビリティ)を活用した予防サービス事業」、「IoTを活用したみまもりサービス事業」に取り組んでいます。令和4年度は、新たなサービスとして、AIを活用して各家電の使用状況を分析し、認知機能低下を予測する実証実験を実施します。

SNS等情報発信事業(AomoLive)(寄附募集額323万円(見込み))
AomoLive
 市内外のかたや若い世代にも青森市に興味を持っていただくきっかけづくりをするため、YouTubeを活用した広報プロモーションによるアプローチを実施し、青森市の魅力を情報発信します。地元ケーブルテレビと協力し、平日昼に市政情報を中心とした広報番組を生放送し、番組終了後に配信します。

※各事業の詳細は、別途、お問合せください。

これまでの寄附の実績

青森市の取組に御賛同いただき、誠にありがとうございました。
これまでの寄附の実績を紹介します。
※掲載を御承諾いただいた項目のみ掲載しています。

令和2年度
・寄附件数 1件(企業名及び寄附金額は非公表)

留意事項

・青森市外に本社が所在する企業が対象です。
 (本社とは、地方税法における「主たる事務所または事業所」を指します。)
・1件当たり10万円以上の寄附が対象です。
・寄附を行うことの代償として経済的な利益を受けることは禁止されています。
・寄附の納付は、原則として、青森市が対象事業を実施し、その事業費が確定した後に行うこととなります。
・寄附を行った企業に対する税額控除は、実際に寄附を行った日が属する事業年度に適用されます。

寄附の申込みについて

 企業の皆様からの寄附のお申出を随時受け付けています。
 寄附の手続きなどについて、お気軽にお問合せください。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

問合せ

所属課室:青森市企画部企画調整課

青森市中央一丁目22-5 本庁舎2階

電話番号:017-734-5168

ファックス番号:017-734-5129

より良いウェブサイトにするために皆さんのご意見をお聞かせください。

このページの内容は分かりやすかったですか?

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?